pumiponkokuo

葬儀は10月25日から営まれ、26日に遺体が火葬される。
中国最大のインターネット通販サイトで知られる「アリババ」を率いるジャック・マーは、かねてASEANにおけるインターネット通販支援を打ち出していた。
9世の時代が終わり、今、10世の時代が始まろうとしているタイです。
タイ社会の抱える不安は解消されておらず、今後も波乱含みだ。激動の恐れもあり、国民は息を殺して国の行く末を見守っている。
タイのプミポン国王が13日に死去してから1週間以上が過ぎた。いまだ新国王が即位しておらず、民政復帰の時期をめぐっても不透明感が漂う。法政大学の浅見靖仁教授に現状や今後の見通しなどを聞いた。
日本とタイは長く深い関係を築いており、企業だと、タイの日系現地法人数は、アセアン最多の2,318社、日本人派遣者数5,306名、現地従業員数545,589名に上っている。
嘆き悲しむ国民たちは、国王の肖像画を掲げ、タイの首都バンコクの街角で祈りをささげた。
タイのプミポン国王が死去した。88歳だった。
タイではプミポン国王の誕生日前日に当たる12月4日、首相以下の文武百官に経済界指導者などが、祝賀のために王宮に参内する。それらの国家枢要を前に、国王が国民に向かって過ぎ去った1年を回顧し、自らの所感を語り、国民団結の尊さを諭し、来たるべき新しい年への抱負を語りかけることが恒例となっている。
タイの軍事政権は、2015年秋に予定される民政移管までの体制を定めた暫定憲法を制定した。軍の「国家平和秩序評議会」(NCPO、議長=プラユット陸軍司令官)が暫定政府の発足後も強大な権限を持つ。