puraidogekkan

従業員が、性別、人種、性的指向、さらには服や音楽の趣味といった付随的な属性に関係なく、十分に満足していられる文化を作るにはどうすればいいだろうか。
「誰を愛するか、誰とともに生きていきたいか、それは自分の心が決めることです。人から強制されたり、努力したりすることで変えられるようなものではない」
バーガーキングはプライド月間中、最大2750万円をLGBTQの人権団体に寄付することを発表。その告知をしたTwitter投稿が話題を呼んでいる。
LGBTに関する法律は、「理解促進」だけを目的としたものでなく、「差別禁止」に対し実効性のあるものにすべきです。なぜ、理解の促進だけでは不十分なのか。主な理由を4つ挙げて説明します。
家の前にレインボーフラッグを掲げてはダメと言われ…。プライド月間に光り輝くアイディアを思いつきました
東京オリンピックパラリンピック前に、LGBTQ差別を否定する声明をIOCが発表しました
ストーンウォールの反乱から、多くのことが変わった。プライド月間の初日に国のトップがLGBTQの人たちの功績を称えました
6月は「プライド月間」。東京レインボープライドの共同代表を務める杉山文野さんは、当事者として、そして元アスリートの経験から「LGBTに対する差別をなくすための法律が必要だ」と語りました。
50年前の6月、一部の人々が立ち上がり、こう言った。「やめてくれ、もうこれ以上我慢できない!」... その人たちは、年齢も性別も貧富の差も肌の色も様々で、女装してる人もしていない人もいた。それは反乱だった。デモは街角の交差点を埋め尽くし、街