purasusaizumoderu

「ショーはあくまでファンタジーだから」。そう言ってプラスサイズを起用していなかったヴィクトリアズ・シークレットが...
ネットには無限の「個性的な美」があり、そこでは自分によく似たタイプの人が彼らなりの“美”を表現していた。
「『普通』というものを再定義し、個性を肯定して行くことは大切です」
アメリカ人女優のクロエ・グレース・モレッツが声優を務めた韓国のアニメーション映画「Red Shoes & the 7 Dwarfs(原題)」が物議を醸している。
「写真を修正したって幸せにはなれない」モデルのイスクラ・ローレンスは、完璧を目指さないで欲しいと伝える。
95歳のモデルも、ぽっちゃり体型のモデルも、ファッション界で輝いています。
プラスサイズ・モデルの先駆者が、自らの特大サイズのランジェリー・コレクションを発表した。
「私たちの身体的な特徴が、私たちを女性として定義付けるのではありません。それぞれの強さと個性がそうするのです」
自分の体をどのように見せたいかは自分が決めることなのです。