purezen

プレゼンの必勝テクニック、効率的なデスクワーク、リモートワークの七つ道具。参加者特典も🎁
長男をプログラミング教室に通わせてみたら、教え方に「ある工夫」がされていたことに気付きました。
カンファレンスでは、母国語が日本語でもフランス語でも皆さん英語でプレゼンです。
ソフトバンク孫社長の元右腕とも言わしめた前田鎌利さん。プレゼン資料に大事なのは"余白"だといいますが、そこに秘められたものとは一体何なのでしょうか?
安倍晋三首相は今年4月、現地を訪れて「5年で200社の日本企業をシリコンバレーに送り込む」と宣言した。多くの日本人が「いざシリコンバレーへ」状態だ。
みなさんプレゼンは得意でしょうか?私は苦手です。なぜみんながあんなにスラスラ喋れるのかわかりません。
登壇者とやりとりをする担当者はどうする? イベント前・イベント後にどんな連絡をしておくべき? といったポイントをまとめました。イベント運営者必見の内容です。
マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツが始めたという「世界最大の学生向けITコンテスト」の日本予選大会に参加し、学生のプレゼンテーションを見てきた。
共働きの家庭が増える日本社会で今、小学生の放課後の過ごし方がひとつの社会課題となりつつあります。
いろいろな分野の成功者、挑戦者が自らの体験を語る、TED。あんなふうに話せたら……。できるんです。たとえ何も、話すことがなくても。
今回は、自分が聞いていて「あ、この人のプレゼンテーションは上手だな」と思った人たちの特徴をまとめてみました。
大学とは何をするところだろうか。学問をするところ? 就職に必要な知識を身につけるところ? それとも遊ぶところ?どれも正しいのだろうが、「大学にもっと別の価値もあるはず」と考える人たちが、東京大の本郷キャンパスでこんなイベントを開いている。
事前に想定問答を準備しておきますが、想定外の質問・出来事が起きることもあります。では、そんな時どんな風に対応すべきか?ご自身だったら、どうするか?
選挙の演説にはスピーチの上達に役立つメソッドがあります。候補者の皆さんから学んでみませんか。
エレベーターに乗り合わせた短い時間で、自分の製品や自分を売り込むことを意味しており、どこで読んだか忘れてしまったが、たとえば、バフェット氏はそうやって知り合った相手に後日大きな投資をしたことが実際にあるそうだ。
「どうすればプレゼンがうまくなるのか?」「もっとプレゼンスキルを伸ばしたい」人前で話す機会のある社会人なら、一度は考えたことがあるはずです。プレゼンスキルの磨き方について本を読んで考えていたのですが、「プレゼンがいつまでたってもヘタなままの人がいる理由」と「確実にプレゼンがうまくなる、とっておきの方法」を発見した中山です。今回はこのプレゼンスキルを伸ばす方法についてご紹介します。
何にもなくても、とりあえず笑みを浮かべるだけで、悲しみを少しでも和らげることはできたりするのです。さらに、笑いはとてつもないパワーを秘めており、伝染していきます。
今回は、耳を傾けてもらうために、まず相手の思考のタイプに注目する、という方法を『ツカむ!話術』の中からご紹介したいと思います。