puroresu

金網最上段からのスーパーフライは語り草になっている。
ライバルのプロレス団体を壊滅させ、10億ドルのプロレス帝国を築いている。
安倍晋三首相の側近、萩生田光一・官房副長官の発言が物議を醸した。
WWE会長を尻目に美女二人を連れてさっそうと登場したのはドナルド・トランプ氏。
1976年6月26日に行われたアントニオ猪木vsモハメド・アリの“世紀の一戦”を15ラウンドすべてノーカットで放送。
組み合わせの異色さから「真剣勝負か、それとも単なるショーか」と大きな話題を呼んだ。
障害者と健常者は違うという現実から、目を背けてはならない。
日本中からファンが足を運び、“両国国技館超満員御礼止め”となった。
元プロレスラーの馳浩文部科学相と、師匠のアントニオ猪木氏が11日、参院予算委員会の質疑で「対決」。猪木、馳両氏のプロレスラーとしての対決は1992年が最後で、「夢の激突」が実現した。
「すべてのジャンルはマニアが潰す」という部分にとても共感を覚え、同時に反省をしました。この意見は新日本プロレスの記事が元になっているようです。