purutoniumu

この国の将来を決める上でとても重要な「エネルギー基本計画」が閣議決定されようとしていますが、日本の政治家や官僚が、長期的なビジョンに欠け、難しい課題に目をつぶり、問題を先送りする体質を持つことを象徴する、とても情けない計画になろうとしています。
日本がベトナムと結んだ原子力協定には、ベトナムの使用済み核燃料を日本が引き取ると書いてあるというまことしやかなデマが一部で流布されているようだ。
この日本原燃の濃縮施設は、現在、国内で稼働している唯一のものであり、その能力は(極秘)SWU。回転速度マッハ(極秘)、高さおよそ(極秘)mの濃縮装置が(極秘)ユニット稼働している。ここだけは同行したメディアはすべて立ち入りを認められず。
「アメリカ政府は日本に対して原発産業を維持するように求めている」と言ったような原発に関する「アメリカ」話が盛んに出回ったことがあったが、「アメリカ政府は、日本がエネルギーの供給源の多様性を維持したほうがよいと思っているが、いずれにせよ日本が決めることだと認識している」というのが事実だ。反対に、「使用目的のはっきりしないプルトニウムが増えることにアメリカは明確に反対する」。