rakain-rohingya

ミャンマー西部ラカイン州で治安部隊によるイスラム系少数民族ロヒンギャへの人権侵害疑惑が深刻化している。群馬県館林市のロヒンギャ家族を再び訪れた。
ミャンマー西部ラカイン州に多く住むイスラム系少数民族ロヒンギャは、仏教徒が大多数の同国で「不法移民」として扱われるなど迫害を受けている。日本に暮らすあるロヒンギャ難民の家族を訪れた。
ミャンマーの少数民族でイスラム教徒のロヒンギャの人たちが乗った難民船が、マレーシアなど周辺国に相次いで漂着している。その背景には人身売買組織による「難民ビジネス」の存在が大きい。