rakka

羽村市は基地を抱える周辺市町などと協議して、米軍側に再発防止などを要請する方針
「シリア民主軍」(SDF)の報道官がAFP通信に明らかにした。
「外国人戦闘員は『脱出』は許さない」とアメリカ軍担当者は語った
ロシア国防省は16日、ロシア軍が5月下旬にシリア国内で実施した空爆により、過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者、バグダディ容疑者が死亡した可能性があると発表した。
米軍は、バランスを取るのが難しい状況にある。
過激派組織IS(イスラム国)の戦闘員が、シリア北部ラッカで、自分の母親を公開処刑していたことが分かった。
実況中継中に空からドローンが降ってくる光景は、ほとんど映画か何かの作り物のようにも見える。
首相官邸の屋上にドローンを落下させたとして、警視庁は4月25日、福井県小浜市の警察署に出頭した40代の男を威力業務妨害の疑いで逮捕した。NHKニュースが報じた