rakugo

落語をきくようになってから、間の取り方、枕が参考になることに気がついた。
エール大学出身、三井物産を経て、マッキンゼー――ではなく、落語家になった男がいる。立川志の春(本名:小島一哲)、39歳。グローバルエリートから落語家へ。一体、どんなことがあったのか。
海外に落語を広める人たちや、落語に魅せられた外国人とのインタビューシリーズ、3人目はスウェーデン人落語パフォーマー・ボルボ亭イケ也さんです。
海外に落語を広める人たちのインタビューをシリーズでお送りしております。今回ご紹介させていただくのはドイツご出身の"落語伝道師"クララ・クレフトさんです。
来る6月5日は「落語の日」と言われています。この日を記念して、海外に落語を広める人たちのインタビューをシリーズでお送りいたします。お一人目は、英語落語家の大島希巳江さんです。
私は13年前、商社マンから落語家へと転身しました。入社後、初めて生で観た師匠(立川志の輔)の落語に衝撃を受け、惚れ込んでの入門でしたが、未だに「もったいないですねえ」というのはよく言われます。
落語家で人間国宝の桂米朝さんが死去して一夜明けた20日午前、長男で落語家の桂米団治さん、弟子の桂ざこばさんらが、大阪市内で記者会見し、最期の様子などを語った。
落語家で人間国宝の桂米朝さんが3月19日、肺炎のため死去した。89歳。
多発性硬化症を発症した林家こん平が24時間テレビに生出演、「1・2・3、チャラ~ン!」のあいさつを観客とともに大合唱した。
幸せな人生をおくるために「笑い」は非常に重要なファクターであり、特に皆がクソ真面目になりがちなビジネスの現場では、強力な武器になる。ボクの経験上、カリスマと言われるようなビジネスリーダーやクリエイターは、笑いのセンスも抜群な人が多く、何度も腹を抱えて笑わせてもらった。