reipu

インドでやまぬ女性への暴力。いったい背景には何があるのか。ハフポスト・インド版副編集長のリツパルナ・チャタジー氏に聞いた。
Uberのドライバーがボストン市内で乗客を誘拐し強姦した容疑で罪状認否を問われた。容疑者は、女性の知らない場所まで車を走らせて人目の付かない所で停車し、性的暴行を加えたとされている。
レディー・ガガは、自身が19歳の時にレイプされた事を、人気ラジオ番組「ハワード・スターン・ショー」でのインタビューで明らかにし、「本当にひどい経験をしました」と語った。
強烈なハッシュタグが10月31日未明、Twitterのトレンド入りした。性的暴力の犠牲となっていたがこれまで報告したことのなかった女性たちが、レイプ反対を訴えたのだ。
アメリカ人女性の19.3%、アメリカ人男性の1.7%がレイプ被害に遭っている(ここでのレイプとは、「強姦(性器の強制挿入)」「強姦未遂」「アルコールまたは薬物を悪用した強姦」と定義されている)。
「レイプはどこでだって起こり得ることなんです」。動画で彼女はそう説明する。「私は、寮のマットレスで犯されました。それ以来、私にとっては根本的な脅威となり、今までどこへ言ってもあの時起こった事の重さをずっと抱え続けて来た気持ちになります」。
アジア太平洋地域6カ国において、性暴力の実態について初の調査が行われ、驚くべき数値が発表された。
10代少女のレイプ事件の告発に協力した26歳の農村に住む男性は、少女に暴行を働いた高校フットボール部員らの最大5倍投獄されるかもしれない。オハイオ州スチューベンビルのレイプ事件は、何十人もがパーティーで現場を目撃し、ソーシャルメディアで写真を共有したことから国民的議論を呼んだ。