renin

死後90年以上たった今も展示されている革命家ウラジーミル・レーニンの遺体。保存の継続か、埋葬か。揺れるロシア人の思いを、1人の日本人芸術家が語る。
永久保存されている「ソ連建国の父」ウラジーミル・レーニンの遺体。保存を続けるべきか、それとも埋葬すべきか。ロシア人たちの意見は割れている。
1920年代から30年代のソ連で作られた、モダンな印象のポスターたち。
「BA-TSU」のデザイナー「松本瑠樹」の世界的なポスター・コレクションからロシア・アヴァンギャルド芸術のポスターエキシビションである『ユートピアを求めて』のプレイベントが10月6日、東京・表参道「BA-TSU ART GALLERY」で開催された。