resubosuto

「ボートに乗っている人たち全員が私の一部のように思えました」
今回告発されたのはギリシャのレスボス島にあるモリア難民キャンプで、現在12〜17歳の子供たちが92人収容されている。
難民問題の最前線となっているギリシャのレスボス島を、これまでにない形で表現した。
ヨーロッパを目指して危険な旅をする難民のイメージが、近頃のニュースにはあふれている。
シリアやアフガンから大量の難民・移民がギリシャに上陸する光景は日常的なものとなった。
債務粉飾の発覚から約6年、緊縮策でギリシャ経済は4分の3以下に縮小した。自由と民主主義が繁栄をもたらすというEUの理念は「負け組国家」に屈辱と絶望を焼き付ける呪いと化している。