resutoran

Googleの検索結果から、料理デリバリーのオーダーが直接行えるようになった。まず対応するのはアメリカ国内で、Seamless、Grubhub、Eat24、Delivery.com、BeyondMenu、およびMyPizza.comによる料理デリバリーを申し込むことができる。
灰色の街として知られてきたイタリアの産業都市ミラノ。
今回は、4月24日にオープン日子連れで訪れた「テラスマーケット」についてのレポートを早速お届けいたします。
「地方創生」がついに国策として動き出しました。長らくPR業界に関わってきた私は思うのです。日本の地方には前述の通り素晴らしい資産がたくさん眠っている。しかし、圧倒的にマーケティング力とプレゼンテーション力が足りないと。
まずひとつ、はっきり言っておきましょう。イギリスの食はマズい、という観念は、今や古いもいいところ。
カクテルに関してはロンドンやニューヨークよりまだ未熟。道路はロサンゼルスより不便だし、バゲットの質は東京よりも不安定だけれど、パリのグルメシーンは昔も今も、世界の食好きが気にする街。
モチモチ食感が最高な生パスタ。レストランだけでしか、食べることのできない代物だとは思っていませんか?いえいえ、おうちでも乾麺を使って簡単に生パスタ風を味わうことができるのです。
料理の付け合わせなどで見かける「パセリ」。名脇役のイメージですが、じつはとっても栄養価の高い優秀食材って知っていますか? そんな、脇役にしておくにはもったいないパセリを主役にした料理を見つけましたよ!
南部の食(サザンフード)といえば、アメリカの料理評論家にさえ、これまでずっと敬遠されてきたカテゴリー。けれどこの数年、サウスカロライナ州のチャールストンが、気鋭シェフの集まる町としてグルメ界の注目を集めています。
最先端の近代建築と、とめどなく進化し続ける音楽シーンに恵まれながら、プレンツラウアー・ベルク地区ほど高級化の進んでいない場所といえば? ドイツの最新事情に詳しい人ならおわかりでしょう。答はもちろん、ハンブルク! ベルリンより観光客も少ないし、港のある街ならではの情緒もたっぷり・・・。
英国の雑誌「Restaurant Magazine」が選ぶ「世界のベスト・レストラン50」の2014年版ランキングが発表され、デンマークの首都コペンハーゲンにある「ノーマ」が1位となりました。12年前から始まった、様々な国の著名なコック長や料理評論家、ジャーナリストなど数百人による秘密投票をもとに作成されているという同ランキング。スペシャリストが選んだナンバー1のレストランって一体どんなところなのでしょうか?