riage

NY市場ではダウ平均株価が史上最高値を更新し続けている。
今回、FRBが1年ぶりの利上げに踏み切った背景には、米国経済の拡大が順調に続いていることがあります。
「政治情勢を考慮に入れることはありません」
「大統領選が、FRBの利上げ見送りの決定に影響を与えているかもしれない」
米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)で、金融危機後7年間にわたって続けてきたゼロ金利政策を解除することを決めた。
大方のトレーダーは「利上げなら、当然、ドル高だろう」と早とちりしています。
FRBのジャネット・イエレン議長がマサチューセッツ大学アマースト校でスピーチしました。そのスピーチの中でイエレン議長は年内に利上げする決意を再確認しました。
原油価格の急落と経済制裁によって、ロシア経済が崩壊の危機に瀕している。「ウラジーミル・プーチンのような独裁者には自業自得だ」と思う人もいるかもしれないが、この影響は世界中に波及するおそれがある。
現在、先進主要国の量的緩和相場が続いていますが、一部にはその神通力も通用しなくなっているとの見方も出てきています。今回は世界の株価に影響を与える米国株の調整リスクについて考えてみたいと思います。