riakihiro

朴槿恵氏は実刑判決、逮捕された李明博氏「歴史で最後になってほしい」
選挙情勢は、「共に民主党」の文在寅元代表の優位が続いていたが、ここにきてかなり変化が生まれている。
韓国内では制度変更を求める意見も出されている。
韓国でのロッテの歴史は、歴代の政治権力との蜜月の歴史でもあった。
安倍晋三首相を国賓級でもてなした米ホワイトハウスの晩餐会で、私が注目したのはオバマ大統領のミシェル夫人がどのデザイナーのイブニングドレスを着るかだった。
セウォル号の事故は、大韓民国号が今のままでは沈没するかもしれない、絶体絶命の危機に瀕していることを示しています。船長の役割が今まで以上に重要な時です。
韓国の金大中政権下、前回見た米国のペリー元国防長官と手を携える形で朝鮮半島の平和プロセスを推し進めた林東源(イム・ドンウォン)元統一相はいまの朝鮮半島の状況をどう見ているのか。
どの国であれ、よその国のことを知るのはそうたやすくはない。韓国に身を置いて考えるとき、この国の人たちが隣の中国をどう考えているのか、なかなか分かりにくい。私は新聞記者としてソウルに2度勤務し、留学、長期出張を含めると都合7年ほどこの国に住んだ計算になるが、最も分かりにくかったことの一つがそれだった。
金曜日(1月24日)の日経平均は304円安で終了した。一方、その後のニューヨーク市場も318ドルの大幅安で終わった。前日(23日)発表された中国PMIが半年ぶりに50を下回った事(チャイナリスク)、23日から24日にかけてアルゼンチン・ペソ、トルコ・リラ、南アフリカ・ランドなどが急落した事が市場に暗い影を落としたからである。
日韓関係は、戦後最低の水準にあると言ってもいい。多くの観察者にとって、これは奇妙に見える。日中関係の悪化は、極めて遺憾なことではあるが、一定の構造的な理由がある。