riberia

なぜ日本人が「リベリア移民」を取り上げたのか。公開に合わせて来日した福永監督に聞いた。
今回の体調不良に見られる共通の症状は、腹痛、嘔吐、衰弱、頭痛、精神錯乱だ。
今年の2月、リベリアへ撮影に行ってきた。今回の私の仕事は、現地でエボラ出血熱と闘っているリベリアの団体の取材だった。
リベリア政府と世界銀行グループは、日本政府とのパートナーシップの下、リベリアでのエボラ危機による心理的影響に対応し、人々が健康な社会生活を送れるよう300万ドルの新規プロジェクト「リベリア心理社会的健康と強靭性の支援」を立ち上げ、2月25日、同プロジェクトの調印式典が、世界銀行リベリア事務所にて行われました。
私は、米国内で初めてエボラと診断された患者が生じた直後にリベリアから帰国したが、その後ニューヨーク市在住の医師にもエボラ感染が判明した。
私は2014年7月から米国疾病予防医療センター(CDC)での勤務を開始し、9月から1カ月間リベリアへ赴任した。その時の経験をふまえ、赴任時の現地の様子と米国国内の動きなどを共有したい。
エボラ出血熱の大流行は、ギニア、リベリア、シエラレオネで感染率が大きく低下したものの、今後も3カ国の経済に深刻な打撃を与え続けるだろう、と世界銀行グループは分析しています。
英製薬大手、グラクソ・スミスクライン(GSK)のほか、米ニューリンク・ジェネティクスとメルクが開発中のエボラ出血熱治療薬について、安全性や効果を確かめるため、米国の保健当局者らは22日、今後2週間以内にリベリアで第2━3段階の臨床試験を行う計画を明らかにした。
これまでで最悪の規模で広がっているエボラ出血熱の発生は、今なお収束を迎えそうにない。西アフリカの保健衛生状態が、現在どれほど危機的な状況にあるかを表す、13の統計の数値を紹介する。