riberia

世界銀行グループは12月2日、エボラ出血熱の経済的影響-最新報告書を発表し、ギニア、リベリア、シエラレオネの経済がエボラ出血熱によって依然として深刻な影響を受けていると指摘、エボラ・ウィルスの根絶を図ろうとするこれら3カ国の来年の経済成長率は低下、または横ばいになると予想しています。
アメリカ国内でエボラ出血熱から回復した6人が、テレビ番組「トゥデイ」の独占インタビューで初めて一堂に会し、自らの体験を語るとともに、エボラ出血熱から生還したことで得た教訓を語った。
私たちは、エボラ熱の危機の根本的な原因を探らなくてはならない。その危機とは、極度の貧困であり、基本的な医療や医療制度への投資不足だ。
エボラ・ウィルスの影響を受けているコミュニティを対象に予防措置推進を図るため、ヨーロッパの名門クラブに所属する選手たちが「エボラと戦うイレブン」として集結します。
西アフリカを中心に流行するエボラ出血熱。11月11日現在、6878人の感染者、2812人の死亡者が確認されているリベリアでは、本来、エボラ出血熱の感染と関係のない同性愛者への嫌がらせや暴行が相次いでいるという。
西アフリカのリベリアに滞在歴のある60代男性が11月7日、発熱などの症状を訴え、東京都町田市の医療機関を受診した。厚生労働省は、エボラ出血熱に感染しているかどうか国立感染症研究所で検査する。
2014年10月30日、世界銀行グループは、エボラ危機対応のため、1億ドルの追加支援を行なうことを発表しました。
もし今後、国内でエボラ出血熱の感染者が出た場合にはどのように治療するのか。また、感染拡大を防止するために、どのような対策を取るのか。政府・医療機関などの対応をまとめてみた。
エボラ出血熱が流行しているリベリアから帰国した男性が発熱を訴え、厚生労働省は男性を国立国際医療研究センターに搬送した。
エボラ出血熱が流行し始めて以来、多くの疑問が随所に出回っている。みなさんを安心させるために、エボラウィルスについてよく聞かれるいくつかの質問に答えることにした。
エボラ出血熱を終息させたナイジェリア。なぜ、封じ込めに成功したのか。
西アフリカで感染が急拡大しているエボラ出血熱は、10月16日現在で感染者数が約9000人に上った。アメリカやスペインで治療に当たっていた医療関係者に二次感染したことが判明。世界的に感染が広がることも懸念されている。実際にはどんな病気なのか。その症状と基本的な知識をおさらいしてみよう。
写真家のジョン・ムーア氏とムハンマド・エルシャミー氏はエボラ出血熱との戦いの最前線で撮影を行っている。
世界保健機関(WHO)のヤカブ欧州事務局長は7日、 欧州でエボラ出血熱感染拡大はほぼ避けられないとの見方を示した。ただ欧州では対策は十分に整っているとし、現時点で感染地域からの入国規制を導入する必要性はないとした。
スペインの保健当局者は、マドリードのカルロス3世病院でエボラ出血熱患者のための治療チームの一員だった女性看護師が、エボラ熱に感染したことを確認したと明らかにした。
アメリカABCニュースは10月2日、エボラ出血熱が大流行しているリベリアでショッキングなシーンを撮影した。
国連児童基金、ギニアなどの西アフリカで、エボラ出血熱で親を亡くした数千人規模の子供たちが、感染への恐怖から親族による引取りを拒否されていると表した。
世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は12日、西アフリカでのエボラ出血熱感染による死者が2400人を超えたと明らかにした。感染者は少なくとも4784人に上るとした。
国連食糧農業機関(FAO)は2日、エボラ出血熱が最も猛威を振るっている西アフリカの地域について、食料の価格高騰や不足が発生し、市民らが食料を入手しにくくなっていると指摘した。