riberia

エボラ出血熱のウイルスに感染し、高熱や出血の症状が出ている18匹のサルに未承認薬「ZMapp」を投与したところ、全てのサルで感染症の治療効果が見られたとの試験結果が29日、英科学誌ネイチャーのウェブサイトに公表された。
リベリアのブラウン情報相は25日、エボラ出血熱に感染し、未承認の治療薬「ZMapp」の投与を受けていた医師アブラハム・ボーボー氏が死亡したと明らかにした。
世界保健機関(WHO)の発表によれば、西アフリカではエボラ出血熱の流行によって1300名以上の命が奪われているが、リベリアでは死者の数が最も多く、しかも最も速いペースで増えている。
感染の拡大を防ぐための、こうした社会的メカニズムが機能していないのがアフリカである。現地で患者の治療にあたる「国境なき医師団」の医師たちからは、流行地域の村々へ入ることを拒否されたとの報告が上がっている。
2014年8月16日の時点で、西アフリカにおいて1200人を超える死者を出しているエボラ出血熱。この病気との戦いを困難にしている最大の要因のひとつは、情報だ。エボラウィルスの感染の仕組みや、ウィルスの身体への影響についての情報にアクセスできない集落では、薬草治療など、この病気に効果がない伝統療法に依存したり、ウィルスの存在そのものを否定したりといった事例もある。
眼前の悲劇をただ黙して眺めていることしかできないのか。"Something is Better Than Nothing"ある研究者の語った言葉ですが、多くの研究者の集合的意識はこの言葉に集約されているでしょう。
西アフリカで感染が拡大するエボラ出血熱をめぐり、死者数が最も多いリベリアでは、エボラウイルスに感染した医師3人に未承認薬「ZMapp」が投与された。同国首都モンロビアの医療関係者がロイターに明らかにした。
エボラ出血熱の感染が拡大している西アフリカ・リベリアの首都モンロビアで16日、感染者の隔離施設が襲撃され、備品や食料が略奪されたほか、患者が連れ去られた。医療関係者らが明らかにした。 関係者によると、同日夜に群衆が石を投げるなどして施設を襲ったという。
エボラ出血熱について、よく誤解されていることについて本当のところを明らかにしておこう。
世界保健機関(WHO)は8日、西アフリカで感染拡大が続くエボラ出血熱について、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」だと宣言した。
貧困、内戦、そして今度は死に至る伝染病───。国連の人間開発指数などで下位に位置し、世界最貧国グループに属するシエラレオネ、リベリア、ギニアは、今回のエボラ出血熱が流行する前は、悲惨な内戦の影から抜け出し、アフリカの経済成長に乗る兆しを見せていた。
[ジュネーブ 4日 ロイター] - 西アフリカで感染が拡大しているエボラ出血熱による死者数が1日時点で887人に達した。世界保健機関(WHO)が4日明らかにした。 また、西アフリカ4カ国(ギニア、シエラレオネ、リベリア、ナイジェリア)での感染者数は1日時点で1603人となった。
エボラ出血熱に効く可能性がある実験的な血清が、7月30日にリベリアに到着した。問題は、到着した血清は患者1人分だが、ウイルスに感染して危険な状態にあるアメリカ人スタッフが2人いたことだ。
世界保健機関(WHO)によると、史上最悪となっている西アフリカのエボラ出血熱流行による2月からの死者数が、603人に達している。  先週だけでも、3カ国で少なくとも68人が死亡したほか、8─12日に新たに85人の感染が確認された。
世界保健機関(WHO)は、西アフリカ諸国で流行するエボラ出血熱対策を同地域の保健相と話し合う緊急会合を開いた。エボラ出血熱は、高熱、嘔吐、出血、下痢などの症状を伴い、致死率は最高90%。血液など体液との接触を通じて感染する。 WHOによると、2月以降、ギニア、リベリア、シエラレオネで合計467人がエボラ出血熱で死亡、史上最悪の状況となっている。 しかし、資金不足
エボラウイルスによる感染症で、おもに体液に接触することで感染します。人やゴリラ、チンパンジーなどの類人猿に感染します。ウイルスは、もともとはフルーツバットに感染していたものが、他の種にも感染するようになったと推測されています。
2014年3月以降、西アフリカを中心に流行している感染症・エボラ出血熱が流行について、世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長補は4月8日、スイスのジュネーブで会見し「極めて対処が難しい」などと強い懸念を示した。
旧日本軍の慰安婦などをめぐる橋下徹大阪市長の発言に対し、世界の有力者からも非難の声があがっている…