rio-orinpikku

オリンピック招致疑惑をめぐるIOCと倫理委員会の動きには注目する必要がある
南米ブラジルの真夏の祭典「リオのカーニバル」は、今年も最高潮を迎えた。画像で紹介する。
【室伏広治氏 × サニブラウン選手】世界を極めたレジェンドと世界を目指す若手ホープの対談。
PRESENTED BY スポーツくじ(toto・BIG)
LGBTフレンドリーな国になるかどうかは、東京オリンピック・パラリンピックの成功に欠かせない要素です。
どんなに時代が変わろうとも、「信念、執念、信頼の絆」の大切さを実感した夏でした。
エチオピアではオロモ族と政府の衝突が続いている。
「リオで金、甲子園でも金!」そう宣言して始まった2016年夏、作新学院の夢は現実となりました。
メダルの獲得を最優先にする国威発揚的な五輪のあり方には疑問を感じるが、国民が自国の選手を応援することは自然なことであはあるが...
内村が東京タワーをバックに、まっすぐキレイに伸び上る倒立を披露すると、会場からは大歓声が湧き起こった。
オリンピックは、大会そのものにおける多様性の受容に限らず、東京全体、日本全体の多様性の受容を実現できる良いきっかけにしなければならない。