Rob Whitworth

独自のタイムラプス作品を発表してきたRob Whitworth氏が、中東の巨大都市・ドバイで、これまで以上に独創的かつスケールの大きい傑作を発表した。
7月上旬に当コラムで紹介したところ、非常に大きな反響のあった傑作タイムラプス作品『Barcelona GO!』の作者であるRob Whitworth氏が、今度はなんと北朝鮮・平壌のタイムラプス作品『Enter Pyonyang』を発表した。ただでさえ撮影が困難な北朝鮮で、1コマずつ撮っては進むというタイムラプスの撮影を成功させた『Enter Pyonyang』。
タイムラプス(微速度撮影)とは、デジタル一眼カメラなどで撮った連続写真をつなぎ合わせて動画のように仕上げる手法のことで、日本はもちろん、世界中でマニアが増殖している。