robikatsudo

ロンドンオリンピックの浄化作戦の中で、パブやバーが、営業形態などを理由に一掃されることになった。「同じ轍は踏まないように」と考えた方もいらっしゃったと思います。
旧風営法の「3号営業」は、お客さんに設備を設けてダンスをさせ、かつ飲食をさせる、という営業なんですね。その「ダンス」の定義が法律上なかったのです。
子育て世代は「当事者期間」が短い=人数がさらに少ない。ゆえに、政治家に対する継続的なロビー活動が極めて弱い、というのは本当です。
Googleが米国時間3月27日、検索企業として、ここ数週間Wall Street Journalに載った一連の批判記事に反論した。
ちっぽけなスタートアップ会社が無尽蔵の資金力を持ってロビー活動をする通信会社などの強大な勢力と互角に戦う方法は何だろう。