rodo

女性学のパイオニアである上野千鶴子さんに、仕事と子育ての両立に苦しんだ男性の目線から、幸せな働き方のヒントを聞きました。
「男女が家事や育児をフェアに分担しているのではなく、女性により大きな負担が課せられている」。コロナ禍で改めて浮き彫りに。
コロナ禍の今、在宅で家族と過ごす時間が増え、「いばる夫」にモヤモヤを抱く人は多いのではないだろうか?
今年は、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)、『きょうの猫村さん』(テレビ東京系)と、今年は男性が演じる家政夫のドラマが花盛りだ。
他者との意思疎通が難しいとされている人、働けずにいる人は本当に不要な存在なのだろうか?不安な日本を襲う、「優生思想」について少し考えていこうと思う。
職場でのセクハラが嫌だった私。テレビ局を辞めて、女性記者たちと一緒に考えた。
「セクシュアルハラスメント被害と職場の対応」に関するアンケート結果が公表された。回答した人の約7割がセクハラ被害にあっていた。
4月から偶発的な機材整備や体調不良による乗員が想定以上に発生し、勤務シフトの調整が続いていたという
「Freelance Basics」でランサーズが提案する「フリーランスに会社機能を」というサービス。その背景にある問題とは。
都内のシンポジウムでの基調講演。小泉氏は「経営者のみなさんにお願いがある」と呼びかけた。