rodo

祝日数が増えているにもかかわらず、総労働時間があまり減っていない事実は重く受け止めるべきだ。
2010年前後から現在にかけて、日本における外国人労働者に関する実態について、「変わったこと」と「変わらないこと」という観点から関連データを整理した。
日本若者協議会では、これまで若者の政治参画を中心に政策提言を行ってきた。結果、若者の政治参画の機運は確実に高まってきている。
「会社から勧められカウンセリングを受けたが、自分が病気であることを認めるようで劣等感のようなものを感じた」(20代男性)
「長時間労働」や「過労死」「パワハラ」など深刻な問題が連日報道されている。その原因の1つとしてあるのは、働く側も使用者側も、ワークルールの知識が乏しいことだ。
「2017年が日本の働き方の転換点だった」と言われるようになるのか?それとも変わらないのか? 皆さんが作るムーブメントが推進する大きな力です。
安倍首相「特に、労働側、使用者側には、しっかりと合意を形成していただく必要があります。」
度人材をめぐる今回の政策決定は、安倍政権「成長戦略」の実態のなさを象徴している。
弁当店「ほっともっと」の店長は、経営者なのか――。
働くことに関する問題を未然に防ぐには、働くときに必要な法律や決まりの「ワークルール」をきちんと知っておくことが大切です。
契約結婚する男女のラブコメディだが、晩婚化や派遣切り等さまざまな今日的課題が背景にあり、多くの視聴者には日常生活を通じた等身大の共感があるのかもしれない。
電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労自殺してから1年となった12月25日、母の幸美さん(53)が手記を公表した。
アジア各国の国際競争力では、シンガポール(2位)、日本(8位)、香港(9位)が、世界の上位10位以内に入っています。
「キキが好きか、雫が好きかで人間は分かれる」
ブラック企業のうち、裁判や行政処分などで問題があると明らかになった企業をノミネートしたという。
「本当は被害に遭っているのに気づかないケースがある。被害に遭っているという自覚のないケースも多い」そうで...