rodo

妊娠を理由に職場で降格されたのは法律に反すると訴えた訴訟の上告審判決が10月23日、最高裁で言い渡される。妊娠や出産をきっかけに解雇・雇い止めされたり、減給、降格されるなどの嫌がらせを職場で受けるマタニティ・ハラスメント(マタハラ)。マタハラは女性の人生に二次被害、三次被害をもたらし、「人生のドミノ倒し」に陥る危険がある。実際に被害に遭った女性が語ったことは?
通年同じ生活リズムで生活できる保育園と違い、小学校に存在する長期休み。小学生の預け先としては学童保育がありますが、なかには「学童保育に行きたがらない」という場合も。そんなとき、子どもを会社に連れてくるという選択肢はありなのでしょうか?
世界中の労働組合を束ねる組織「国際労働組合総連合」(ITUC)がこのほど公開した新たな報告書は、139カ国・地域における「労働者の権利」をめぐる現状に光を当てている。
信じ難いことだが、金儲けのために人間を奴隷にしたり、少女を性的に搾取したり、子供たちに過酷な労働を強制したりする人たちは現代にもたくさんいる。
「残業代ゼロ」にする制度が産業競争力会議から案として出てきたことが報道された。ぼくはこの記事の「残業代ゼロ」という見出しの立て方を見て、ああまたかとげんなりした。
会社側が本当に悪意を持って搾取しようとしているのならば、労働基準法に則り裁かれるべきだと思いますが、実際はその前の段階で止まっているのではないでしょうか?
外国人労働者の実質的な受け入れ拡大に向け、自民党が提言をまとめた。外国人の技術習得を名目に、事実上の労働力として受け入れている「技能実習生」を、一時帰国を条件に上限3年から5年に延長するなどが柱となる。
総務省が29日発表した労働力調査によると、10月の完全失業率(季節調整値)は4.0%と前月と同水準となった。一方、同日に厚生労働省が発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は0.98倍と5年10カ月ぶりの高水準となった。
厚生労働省は労働者派遣法の見直しを議論する審議会において、1人の派遣社員が同じ職場で働ける期間を、最長3年とする考えを示した。現在はソフトウェア開発や広告デザインなど特定の仕事については、期限を決めずに派遣社員として同じ職場で働くことができる。これを見直し、同じ会社で働くことができる上限を3年とするという。
このAcaBellesが歌うYoutubeの動画は、450万回以上再生され、米ハフィントンポストでは、この記事のFacebook いいね数が100万回を超えている。