rodokankyo

「2017年が日本の働き方の転換点だった」と言われるようになるのか?それとも変わらないのか? 皆さんが作るムーブメントが推進する大きな力です。
フルタイムで本業に従事しながらも十分な賃金を得られていない「低収入状態」であると言える。
Twitter上には「これ以上便利にならなくても良い」という意見が投稿され、賛同する人々による配送業者の労働環境の悪化を懸念する意見が相次いだ。
危険だからこそ出せていた高給与は今後望めなく、人材確保はお金で持って釣るようなことは今後出来なくなってきます。
"お客様が神様の国"は、長時間労働の国でもあるのだ。
会社に無料の社食があって、娯楽施設があって、BARがあって......。効率的な経営のためである。だが、メンバーはみんな、本当にそれを望んでいるのだろうか?
ハフポストオーストラリア版は、これらの全ての数字があなたの実際の生活にどのような意味を持つのか知りたいと思っている。
あなたが社員だったら、社長の業務時間短縮と育児休暇を認めますか?