rodoshahakenho-kaisei

国会でもめにもめている労働者派遣法の改正案が、6月19日、衆議院を通過する見込みだ。
厚生労働省は6日、労働者派遣法改正案をめぐる審議での塩崎恭久・厚労相の答弁を事実上、訂正した。野党は猛反発し、今国会で法案が成立しない可能性も出てきた。
労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に見舞われるといわれる業界がある。それはIT業界である。政府は2014年3月11日、労働者派遣法改正案を閣議決定した。今国会で成立すれば2015年4月から施行される予定となっている。
労働者派遣制度の改正に向けた具体的な動きが出てきた。これまで特定業種以外では3年を超える派遣が禁止されていたが、これを見直し、すべての業種で3年を超える派遣を認める。この改正は誰得だろうか。