roka

加齢に伴い増加するAGEsは、当初は単なる「カラダの焦げ」のように考えられていました。
寝る前の夜食、やっぱりやめておきましょう。
健康な視床下部幹細胞を中齢マウスへ移植すると、老化を遅らせ、寿命を延ばすことができた。
高齢期の死亡率も幾分低下しているという最近の証拠もあるが、実際のところ…
鏡を見てもわからない脳年齢がわかるかも。
しかも、10歳も差が出ました。
老化細胞は、正常な加齢の間に次第に増えていくが、健康や寿命に影響を及ぼすのかどうか、及ぼすとすればどのようにして影響するのかは分かっていない。
私たちの体をオバサン化させる2大要因は酸化と糖化なのです。
現代の科学では、「老い」のメカニズムを2つの解釈によって説明しようとしています。
冬の紫外線は、日焼けの原因となるUVBは少ないものの、シミ、しわ、たるみなど、肌の老化を起こすUVAを多く含んでいます。冬だからといって日焼け止めの使用回数や塗る量を減らすのは、お肌にとって危険な行為なのです。