roshia-seisai

ヨーロッパやアメリカが対ロシア制裁に踏み切る中、日本も、再び存在感を増してきたこの隣国との関係を真剣に考える必要に迫られている。
原油安と欧米のインフレ低下を震源とする市場の混乱は、今やロシアを飲み込もうとしている。今回のケースでも、世界的な負の連鎖につながるリスクがあるといっても過言ではない。
原油価格の急落と経済制裁によって、ロシア経済が崩壊の危機に瀕している。「ウラジーミル・プーチンのような独裁者には自業自得だ」と思う人もいるかもしれないが、この影響は世界中に波及するおそれがある。
ウクライナのポロシェンコ大統領は8月30日、ベルギーのブリュッセルで行われているEU(欧州連合)首脳会議に招待され、ウクライナの現状を「後戻りできない状況に迫っている」と述べ、ウクライナ東部にロシア軍が侵攻している状況を強く非難した。
菅義偉官房長官は25日の記者会見で、アフリカで感染が広がりを見せているエボラ出血熱に関して、世界保健機関(WHO)からの要請があれば、未承認薬提供の用意があるとの考えを示した。
ロシア政府は同国に科された制裁への対抗措置として、EU産食品などの禁輸措置を発表したが、西側の農家だけでなくロシアの消費者も割を食う状況になっている。
ロシアは、日本とロシアの領土問題の舞台であるクリール諸島(千島列島)で軍事演習を開始した。
ロシアのプーチン大統領は6日、ウクライナ危機をめぐって同国に制裁を科した国々への対抗措置として、米国と欧州連合(EU)からの農産品の禁輸や輸入制限を発動する大統領令に署名、この中で少なくとも1年間、輸入を禁止する物品の一覧表の作成を命じた。
EUがロシアに科す制裁に対抗し、ロシアが欧州の航空各社にシベリア上空を通過する路線の使用を制限、禁止する可能性があると現地紙が伝えた。
オバマ米大統領は29日、ウクライナ問題をめぐり、対ロシア制裁を拡大したと明らかにした。ロシアの基幹産業であるエネルギー、防衛、金融セクターを標的とする。
英仏独伊米5カ国の首脳は28日、テレビと電話による異例の会談を実施し、ロシアに追加制裁を課すことで一致した。 ウクライナ東部でマレーシア航空機が撃墜され、多数の犠牲者が出るなか、金融、国防、エネルギー分野で対ロ制裁を強化、プーチン大統領にさらなる圧力を加える方向で5カ国が足並みをそろえる格好となった。
ウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機が撃墜された事件を巡り、アメリカ国家情報長官室は7月27日、ロシア部隊が自国の領内からウクライナ軍の拠点に向けて砲撃を加えていることを示す証拠だとする衛星写真4枚を公開した。ロシア側はアメリカ側の主張を否定している。
米財務省は16日、ウクライナ問題をめぐる対ロシア制裁措置を拡大し、国営石油会社ロスネフチなどの主要企業を対象に加えると発表した
日米欧7カ国(G7)首脳は24日、オランダのハーグで開催されている核安全保障サミットの合間にウクライナ情勢をめぐり緊急会議を開催し、ウクライナ情勢が一段と不安定化した場合には対ロシア制裁を強化する用意があると表明した。またロシアのソチで開催予定だった主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)への出席を見送り、代わりに6月初旬にブリュッセルでG7サミットを開催すると発表。ロシアが態度を変えない限り、G8会合を欠席する考えを示した。
ロシアと西欧諸国との間で制裁合戦が激しくなっている。プーチン大統領はロシア企業のトップらに、海外資産をロシア国内に引き揚げるよう勧告した。
欧州連合(EU)は、ウクライナに軍事的圧力を強めるロシアとのEUへのビザなし渡航実現を目指す交渉中断を決めた。米国に続くEUによる第1段階の対ロシア制裁になる。