roshia

ウクライナ侵攻のための部分動員を受けて、国外脱出を図る人が続出。しかし、ロシア政府は奇策を講じたようです
2018年の平昌五輪で7位入賞を果たしたドミトリー・アリエフ選手らが招集令状を受け取ったと報じられています。
第二次世界大戦以来となる、予備役の動員を発表したプーチン大統領。ロシア各地で市民が反発している
ウクライナ国防省は写真を添えたツイートで、「これが、ジュネーブ条約を“順守する”ロシアの実態です」などとロシア側を批判した。
9月に入ってから東部でウクライナ軍の反転攻勢にあい、ハルキウ州のほぼ全てを奪還されるなど苦戦が伝えられていました。
ロシアの人気歌手アーラ・プガチョワさんは、ウクライナ侵攻に反対を表明してきた夫のマクシム・ガルキンさんと連帯。夫と同様、当局から「スパイ」に指定されることを望んでいる、と訴えた。
「9月初めから今日まで、我が国の戦士達はすでにウクライナの東部と南部で6000平方キロ以上を解放しました」
アーノルド・シュワルツェネッガーさんが、旧ソ連最後の指導者・ゴルバチョフ氏の死を悼みました。
孫と一緒にピザを楽しむゴルバチョフ氏。それでもカメラの前でピザを食べることは拒んだといいます