roshiakitsuiraku

パリ同時テロ事件を受けて、ロシアはシナイ半島でのロシア機墜落を「『イスラム国』(IS)によるテロ」と断定し、シリア空爆作戦を増強、戦線を拡大した。
ロシア紙は「シャルムエルシェイクの空港職員の関与が疑われることになる」と報じています。
ハモンド英外相は、機内の爆発物が墜落の原因になった可能性が「かなり高い」との結論に達したと述べた。
搭乗していた乗員乗客224人は全員死亡した。