rotte-oiesodo

創業一家の主要メンバー4人が刑事責任を問われる異例の事態となった。
韓国でのロッテの歴史は、歴代の政治権力との蜜月の歴史でもあった。
韓国ではロッテグループに検察が捜査に乗り出しており、グループの行方には不透明感も漂う。
経営権を巡る争いが続く製菓大手ロッテで、日本のロッテホールディングス副会長を解任された重光宏之(韓国名・辛東主)氏が、新たな反撃に出た。
経営権を握った重光昭夫氏と、その兄・宏之氏との対立が注目されるロッテだが、「お菓子の会社」「千葉ロッテマリーンズ」という以外は、あまり知られていない。その由来などを掘り起こしてみた。
8月2日、重光宏之・前日本ロッテ副会長のたどたどしい韓国語を聞いた韓国民は少なからず驚いた。当然、韓国語を流暢に話すと思っていた宏之氏の口から、不慣れな日本語風の韓国語が聞こえたからだ。
ロッテグループでお家騒動が起きている。創業者の重光武雄氏の後継者をめぐって、長男と次男が日本と韓国を舞台に争いを繰り広げている。