rozettatansaki

酸素分子(O2)は、木星や土星の衛星などの太陽系内の氷天体上で検出されているが、彗星ではこれまで発見されていない。
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星上のピット(彗星核表面で見られるくぼみ)は活動中であり、おそらく陥没穴崩壊と同様の過程で作られていることが分かった。