ryoikikeibihoan

またしても安全保障関連法案の国会審議が情緒論に埋め尽くされてしまった。参院での審議を終えた現時点での私の所感を皆さんと共有させていただきたい。
政治が判断すれば、自衛官はどんな現場であっても行く覚悟はできている。ただ、「国論を二分する状況で派遣されることは避けたい」「国民的な理解を得られない状況ならば、一年かけてでも議論した上で結論を出すべきではないか」という声に、総理は耳を傾けるべきだ。