ryoikuen

こもたろの発達障がいに気付いたときから、今思える、よかったこと。それは心を開いて話せる友人ができたこと。
どうしてだろう。どうしてこの子は、事あるごとに泣き叫ぶのだろう。クラスのお友だちは、誘導のまま教室を出ていく。でも我が子は、ひとり泣き叫びながら額を床に打ち続けました。