ryuosen

1985年のデビュー以来、将棋界に君臨する天才棋士の凄さとは。
史上最年少で中学生プロ棋士の藤井聡太四段(14)が7月2日、「第30期竜王戦」決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段(22)に敗れ、デビュー戦以来初の黒星を喫した。公式戦の連勝記録は「29」でストップした。
藤井聡太四段が7月2日、史上初の公式戦30連勝を懸けて「第30期竜王戦」の決勝トーナメント2回戦に臨む。
史上最年少で中学生のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で開かれた「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段に勝ち、デビュー戦から負けなしで「公式戦29連勝」を達成した。
この日、将棋ファンの間では、藤井四段が夕食でも麺類を注文するかどうか、注目が集まっていた。
これまで藤井四段といえば、そば・うどんなど麺類をオーダーすることが多く、28連勝を達成した対局でも「胡麻味噌とじうどん」を注文している。
デビュー以来、公式戦で連勝し続けている史上最年少のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、前人未到の公式戦「29連勝」を懸けて「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦にのぞむ。
「三浦九段からは『お互いに傷を負ったけど前向きに』などと返答をもらった」
谷川俊昭氏は実弟・谷川前会長とメールでやり取りをしたほか、2月に渡辺竜王とも面会したという。
対局中に将棋ソフトを不正使用していたと指摘され、のちに「不正の証拠はない」と認められた三浦弘行(43)九段が2月13日、約4ヶ月ぶりとなる公式戦に臨んだが、12時間45分に及ぶ激闘の末、羽生善治三冠(46)に敗れた。