ryuuguunotsukai-shinkai

巨大な深海魚として知られるリュウグウノツカイが3月8日、長崎県平戸市の定置網で見つかった。水揚げした舘浦漁協の公式サイトによると、体長は5.1メートルで幅は広いところで4センチ。銀色の体にオレンジ色の羽のような背びれを持ち、網の中を泳いでたという。