sabisutsukikoreishamukejutaku

これからの介護や看取りのありかたとは?
「駄菓子屋やりたい」の一言で、庭に駄菓子屋までできました。
通常、マンションは横長の建物に細長い住戸が並び、ファミリー向けの間取りは2LDKや3LDKがほとんどですが、これが本当に暮らしやすい住戸プランなのでしょうか。
本格的な回復局面に入った2012年以降、J-REIT(不動産投資信託)市場では12社が新規に上場し、運用プレイヤーとアセットタイプの裾野が着実に広がるなか、新たにヘルスケア施設に投資する「ヘルスケアREIT」への注目が高まっている。
コミュニティ型賃貸住宅を導入することで、将来的に地域の担い手を地域に呼び込むことが可能となる。地域との関係を深めた賃貸住宅入居者は、地域に愛着を得て、持ち家も地域内で得ようとするだろう。