sabisuzangyo

ヤマト運輸は、宅配便の料金体系を見直し、今年秋にも個人が送る小口の荷物も含めて全面的に値上げする方向で検討に入った。
電通という会社、広告業界という特殊な世界については、少し知っていることがある。
人手不足だからといって、変えられないわけではありません。
森喜朗元首相が、東京オリンピックの開催に合わせて「サマータイム」の導入を検討すべきだとする考えを示したが、「サービス残業が増える」などの反対意見が出ている。
日本企業の管理職はなぜ男性ばかりなのか。かつては、「女性は短大卒が多いからだ」とされていましたが、90年代半ばから短大の4年生大学への鞍替えが相次ぎ、男女の教育格差は大幅に縮まりました。それにもかかわらず、女性管理職の比率は一向に増えません。
「残業代ゼロ法案」に関する議論は何故何時まで経っても噛み合わないのか? 不思議に思うのも、今一方の事実である。今回はこの点に絞って考察を試みたい。
いくら残業を減らせとか、労働時間を短縮しろとか、掛け声だけ発しても、仕事が減らなければ労働者の立場ではどうしようもない。現場レベルでの改善や効率化には限界があるのだ。
雇用者側の横暴が許されてきたのは、「社畜」に稼ぐチカラがなかったからだ。「そんなん言うならやめます」と言い返す能力がなかったからだ。あらゆる労働問題のキモはここだ。被雇用者の社会的な弱さとは、つまり稼ぐ能力の弱さである。