sagi

捜査2課は、ネット社に事業実態はなく、ジェット機も銀行側を信用させる目的だったとみている。
重要な個人情報を含む番号のため、管理の重要さが指摘されているが、早速、マイナンバーを狙った詐欺の事例が起きているという。
男性諸氏は無縁の話と思うだろうが、家族や恋人、友人など、実は意外と身近に悩んでいる女性がいるかもしれない。女性にとっては深刻な問題、「脱毛」にまつわる被害についてである。
判断力が不十分なまま、業者から高額な商品を買わされたり、お金をだまし取られたりして財産を失ってしまう認知症のお年寄りが後を絶たない。
私は、今回の『クローズアップ現代』のような、匿名の証言インタビューなどを集めたテレビ報道を長く経験してきた。今後、こうなるだろうという展開がおよそ推測できる。
警視庁はLINE乗っ取り詐欺で電子マネーをだまし取られる被害がが6月4日〜10月27日までの間に東京都内で368件発生し、被害総額は約2800万円に上ると発表した。
インターネットバンキングで自分の口座にログインすると、自動的に他の口座に不正送金される新型ウイルスが国内の2万台以上のパソコンで検出された。
最近、以下のニュースに目が釘付けになった。今年1月に私自身も同じような経験をしていたからだ。どうも私だけじゃないらしい。私の被害は「氷山の一角」だったのだ。
予め断っておくと、ここでいう「詐欺」は法律用語で言う「詐欺」ではなくて、日常生活で「騙した」ことになり、そして「騙された」方が程度差はあろうが「怒っている」状態になるということです。別に法律論を言おうと思っている分けではないです。
国民生活センターによると、2020年開催の「東京五輪」に関連した詐欺トラブルの相談が、早くも寄せられ始めているという。これまでの「詐欺」とどのように違うのだろうか。