sagyoin

「未来ある子どもたちにも良い合宿をしてもらって、世界に通用する選手を一人でも多く出してほしい」(澤穂希さん)
震災後に働く方々が安心して働ける環境は「福島原発構内」だけで収まりがつきません。震災により失われた「基盤」を新たに作りあげなければいけません。
福島第一原発の早期廃炉は一地方の課題ではありません。日本の課題です。それゆえ彼らを社会全体が支えることが必要です。社会が彼らを支えるには、彼らが個人で解決することの出来ない問題を知り、解決へ働きかけることが必要です。
トルコ西部マニサ県ソマの炭鉱で5月13日、大規模な爆発事故があり、同国のユルドゥズ・エネルギー天然資源相によると、201人が死亡し80人が負傷した。
1ヵ月以上もの間が空いてしまったが、連載記事「誰が福島第一原発を収束させるか」3回目を掲載する。今回は、前回インタビューを掲載した作業員の奥様へのインタビューである。想像して欲しい、朝ご飯を食べて「行ってきます」と向かう先が福島第一原発だという状況を。それを送り出す状況を。