saibankan

最高裁の裁判官15人のうち女性は2人。弁護団長の榊原富士子弁護士は「足を踏んでいる側と踏まれている側」では、見えている景色が違うと指摘した。
改良された研修プログラムも必修として裁判官に実施されることが発表された。
「裁判所は少数者保護ではなく、社会秩序を維持するための機関になっている」とも批判した
このような質問によってさらに傷つけることになりかねず、実にひどい」と委員会
裁判官は決して全能の神ではない。しかしながら、だからこそ、なるべく適切な事実認定や法的判断の仕組みを整備することで、真実に近づくことが大切となる。
「Googleの時代である現代は、トランスジェンダーであることを話さないのは難しい」
村山裁判長にとって、刑事裁判とは何なのだろうか。事件記録、書面の上に存在している「事件」を、紙の上だけで片付けてしまえばよいということなのであろうか。
控訴審判決は、まさに、なりふり構わず有罪判決に向けて突っ走ったと言える。