saiboseibutsugaku

上皮細胞層は臓器を覆って障壁として機能するが、そこでは常に細胞分裂と細胞死が繰り返されている。
Ki-67は、核膜の分解後に生物学的界面活性剤として働き、染色体が崩れてひとかたまりになるのを防ぐ。
一次繊毛は細胞表面から突き出している単独の細胞小器官である。このアンテナ様の構造から、その機能は周囲環境の感知だろうと考えられてきた。
大学院生・持田啓介さんは、わずか2年ほどで細胞の小胞体と核のオートファジーの仕組みを明らかにすることに成功した。
ほとんどの細胞は、細胞外小胞(エキソソーム)を放出する。エキソソームは、タンパク質や核酸とそれらを包むリン脂質二重層でできている。
小胞体は膜で作られた複雑なネットワーク構造で、タンパク質や脂質の合成、イオン恒常性、タンパク質の品質管理、細胞小器官の間での情報伝達に関わっている。