sairyorodosei

毎月勤労統計調査の結果数字がおかしいという疑念は、昨年の夏ごろからエコノミストや経済記者の間で囁かれていた。
実務家出身者を大学教員にキャリアチェンジさせる機運が高まっている。ビジネスマンから大学教員になるとどこが変わるのか?
数々の不祥事の背景には、安倍首相の悪しき姿勢が部下たちに伝播してしまったということもあるのではなかろうか。
働き方改革に影響を与えそうです。
また起きてしまったか…。電通に勤めていた24歳の女性・高橋まつりさんの死が労災認定された報道を受け、最初に浮かんだ言葉だ。
「朝型勤務」化はこの長時間労働の抑制を目的としている。残業を始業前の限定された時間にすることで原則夜の残業を禁止する。
政府は4月3日、一定の年収以上で高度な専門職に就く人を労働基準法の時間規制から除外する、「ホワイトカラー・エグゼンプション」(残業代ゼロ制度)を盛り込んだ労基法改正案を閣議決定した。
塩崎厚労相は残業代ゼロ制度などを盛り込んだ新制度について、対象範囲が大幅に拡大しないような“歯止め”を設ける考えを示した。これから具体的な内容を詰めることになる。
政府が、労働時間に関わらず賃金が一定になる「残業ゼロ」の働きかたを、一般社員に広げる検討を始めている。4月22日、産業競争力会議で提案され、6月に改訂する安倍政権の成長戦略に盛り込むことを検討している。
日本生産性本部は4月21日、2014年度の「新入社員 春の意識調査」の結果を公開した。調査によると、「自分のキャリアプランを考える上では、社内で出世するより、自分で起業して独立したい」と思う人は11.8%で、過去最低だった。
政府の産業競争力会議は、労働時間によって賃金が変わらない「残業代ゼロ」の働き方を一般社員に広げることを検討する方向になった。
安倍政権が掲げる「柔軟で多様な働き方」は、女性の活躍に逆効果の場合もある。どのような場合だろうか。