saiseienerugi

米国の風力発電は、ここ10年で好調に伸びてきている。
あなたの行動で社会を変えることができます。韓国を変えられる人はまさに皆さんです。
現在の民進党政権による計画では2025年以降には、火力が同じ80%を維持し、原子力がなくなった部分を再生エネルギーで代替しようというプランである。
ドイツの「夢見る」性格のどこが日本にとっての「リスク」になるのか。
2012年にスタートした固定価格買取制度で、太陽光発電設備に投資すれば確実に利益がでるために急増しました。土地さえもっていれば、これほどいい利回りで稼げる事業は少ないのではないでしょうか。
世界風力エネルギー会議(GWEC)は、2030年までに世界の風力発電設備容量が現在の5倍強に相当する2000ギガワット(GW)に達し、電源構成の19%を占める可能性があるとの見通しを示した。
原子力発電に背を向け再生エネルギーへと向かうドイツのエネルギーヴェンデ(大転換)は、福島原発事故後の日本のモデルとして何度も言及されています。しかし、ドイツのエネルギー政策は、低所得層にツケを回す上に、気候変動を防ぐ方法としても不十分です。
神奈川県小田原市で創業150年を誇る老舗かまぼこ店の副社長が、脱原発を目指す企業経営者のネットワークを立ち上げている。技術や経験を共有し、省エネと再生可能エネルギーの利用を進める計画だ。
自民党の石破幹事長が11月16日、東京都内で記者団の取材を受け、原発の新規建設に関し「再稼働がよくて新設が駄目というのは理論的に成り立たない」と述べ、必ずしも否定しない考えを述べた。放射性廃棄物の最終処分場についても、自治体の誘致を待つのではなく、政府が主導的な役割を果たすべきとの見解を示していた。