saiseiiryo

日本人がなぜこんなに長寿なのか、そのメカニズムをサイエンスで明らかにすることで、高齢者の健康寿命を延ばすことができると確信しています。
角膜を含めた眼科治療の新たな可能性を示唆する成果を報告している。
横浜市立大学准教授の武部貴則先生は、3年後に世界初のiPS細胞でできた臓器の移植手術を行うことを目標に研究を続けています。
日本は、再生医療の研究と臨床応用で最先端の地位を守ることに無我夢中で取り組んでいる。
胚性幹細胞(ES細胞)から、ホルモンを分泌する重要な器官である「下垂体」組織をつくることに世界で初めて成功した、と名古屋大学と理化学研究所が発表した。
辞書的な定義を確認すると、幹細胞とは、生体の組織や臓器になる前の「もと」となる細胞のことです。
今まで難しいとされてきた心筋細胞の再生への、第一歩になるかもしれない。
肝臓や膵臓などさまざまな器官を再生するための立体的な器官の芽(原基)をつくり出す、新たな培養手法が発見された。
iPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)を用いた再生医療の障壁とされている腫瘍形成の恐れを排除する技術を、国立研究開発法人産業技術総合研究所と和光純薬工業が共同で開発、10日発表した。
iPS細胞を使った世界初の臨床研究が始まるなど、再生医療への期待が高まっている。