saitamaken

FSCサルベージ協会は、川に捨てられた自転車を引き上げる活動を行う環境ボランティア団体だ。会長を務めるのは浄土真宗の僧侶だという。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
小さな町の広報誌が今年5月「日本一」になった。読まれずゴミ箱行きだった冊子を大改革した、一人の男性職員を取材した。
埼玉県所沢市内の小中学校28校へのエアコン設置の賛否を問う住民投票が8日、告示される。
11月3日、埼玉県の航空自衛隊入間基地で「入間航空祭 2014」が開催された。写真家の古川裕也さんは、パパに肩車してもらった子供たちが空を見上げ、夢中でブルーインパルスを追う様子を捉えている。
厚生労働省は9月5日、東京都新宿区の新宿中央公園でデング熱に感染したとみられる患者が確認されたと発表した。代々木公園に訪れたことがない人への感染が確認されたのは初めて。
埼玉県の高校教師が勤務先の入学式を欠席して、自分の子どもの入学式に出席していた問題で、埼玉県の関根郁夫県教育長は4月14日の定例会見で「入学式は、基本的に教諭は出席すべき」と述べた、休暇届については「受理するのは校長の判断。一律にこうしろといえるものではない」と述べ、処分は考えていないことを明らかにした。
高校教師が有給休暇を使って勤務先の入学式に出席せず、息子の入学式に出席することを優先した、というニュースが報じられていた。いち社労士として、このニュースの報道内容に違和感を持ったということだ。
埼玉県西部の県立高校で、50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、4月8日に行われた、自身が担任を務める1年生の入学式を欠席していたことがわかった。県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子どもの入学式に出席するため休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席していたという。
埼玉県は2月17日18時半、埼玉県の上田清司知事は秩父市などの依頼を受けて、自衛隊の災害派遣要請を行った。陸上自衛隊第一師団長に対して、秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町の孤立集落での人命救助を要請した。