齋藤環

『マイルドヤンキー』の楽観と悲観/奥深いヤンキー問題
ひきこもりを英語で表現するとhikikomori
自分が「凡庸な悪人」かもしれないという自覚について