sajida-rishawi

[アンマン 1日 ロイター] - ヨルダン当局は1日、過激派組織「イスラム国」に拘束されているヨルダン軍パイロットの解放と引き換えに、ヨルダンで収監しているイラク人のサジダ・リシャウィ死刑囚を引き渡す用意があるとあらためて表明した。 政府報道官によると、同国の安全保障・軍当局は、昨年12月にイスラム国に拘束されたパイロットのモアズ・カサスベ中尉の生存確認を継続的に行っている。 同報道官は、
1月27日午後11時過ぎ、フリージャーナリスト後藤健二さんとみられる男性の画像と音声がインターネット上に投稿された件で、菅義偉官房長官は28日1時、記者団に答えた。
中東の過激派組織「イスラム国」に日本人が人質として拘束されている事件で、11月27日午後11時過ぎ、フリージャーナリスト後藤健二さんを名乗る男性の画像と音声がインターネット上に投稿された。
過激派「イスラム国」がジャーナリストの後藤健二さんの殺害を予告している事件について、ヨルダンの対応に注目が集まっている。
イスラム国の要求が2億ドルの身代金要求から、囚人となっているテロリストの解放(人質交換)へと変わってきています。