sakka-

16日、イタリアの地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙がスペツィア戦でイタリア公式戦初先発を果たしたACミランの本田圭佑のプレーを約1ページにわたり特集した。大見出しは「シンプル、明確、かつ、効果的に」。
本田のサッカー人生における最初の大きな挫折として、ガンバユースに昇格できなかった事実がある。ジュニアユース時代、常に天才・家長昭博が隣にいた。本田には何が足りなかったのか、そしてどう覚醒していったのか。
第92回全国高校サッカー選手権大会が12月30日開幕となりました。全国で本当にあった青春ストーリーを集めた『高校サッカー心を揺さぶる11の物語』(カンゼン、安藤隆人監修)から、女子マネージャーの奮闘を描く「監督の娘は、女子マネージャー」を一部にはなりますがご紹介します。
柿谷曜一朗や香川真司をはじめ、多くの若手の才能を開花させた名将レヴィー・クルピ元C大阪監督が見る、2014年ブラジルW杯の行方と日本代表の未来とは――。
ミラノ入りし、あとはデビュー戦を待つばかりとなった本田圭佑。だが、当初は6日にデビューするとの報道もあったが、一週間遅れることになった。手厚い歓迎から考えれば、すぐにデビューしてもおかしくないのだが、試合出場が遅れた要因は何だったのだろうか?
体罰やしごきが社会問題になりながらも、未だに一部のサッカー強豪校や伝統校では、行き過ぎた指導が行われている。なぜ理不尽な指導はなくならないのか? このほど出版された加部究著『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(カンゼン)の中でその実態が明らかにされている。
1月1日、恒例となっているサッカー天皇杯の決勝戦が東京・国立競技場で開催され、横浜Fマリノスが2−0でサンフレッチェ広島を下し、優勝した。
クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ウェイン・ルーニーたちが揃って、サムスンの新しいテレビ広告「Galaxy11:The Beginning(ギャラクシー・イレブン:はじまり)」に出演している。
テクノロジー業界の巨人インテル社が、ユニフォームの外側ではなく内側にブランディング広告を3400万ドル(約34億円)支払った。
2014年にブラジルで開催される、サッカーFIFAワールドカップのグループリーグの抽選会が12月7日、ブラジルで行われた。