sakuraripoto

日銀は16日、四半期ごとに公表している「地域経済報告(さくらリポート)」で、雇用・賃金情勢の調査結果をまとめた。景気回復に伴い各地で人手不足が顕著になるなど雇用環境の改善が進んでいるのを確認した内容だ。人手不足により工期の遅延など一部の業界では業務に障害もみられつつあるという。
日銀は4日に支店長会議を開催し、各支店の景気報告をまとめた「地域経済報告(さくらリポート)」を公表した。その中で東北を除く8地域の景気判断を前回4月よりも上方修正し、公共投資や金融緩和による円安・株高の影響で、個人消費など内需を中心に景況感の改善が鮮明になった…
日銀の宮野谷篤・名古屋支店長は4日、都内の本店で記者会見し、東海地域の主力産業である自動車生産の先行きについて、海外需要は底堅い展開が見込まれるが、国内需要については予定されている消費税率の引き上げに伴う駆け込みやその反動など動向が読みづらい、と語った...